小児歯科

小児歯科とは

待合室の写真

小児歯科とは、お子さまの健康を守るため、口の中の病気の診断や虫歯治療の方針を立て、歯が生え初めてから、ほとんど大人の歯に生えかわってしまうまでの口の中の健康管理をするところです。
こどもの虫歯は、こどもの将来の生活に大きく影響します。虫歯があると、食物をよく噛むことができないため、身体に与える影響はもちろん、あごの発育不全等の原因となります。
また、ひどく虫歯になった歯を放置すると大人の歯が生えてきた時、 きちんときめられた場所に生えることができず、歯並びが悪くなったり、また乳歯の下の大人の歯の芽にも悪い影響があります。
こうしたいろいろな悪影響をさけるために、予防処置を行い、虫歯の早期発見、早期治療をし、お子さまの歯の健康管理をするのが、小児歯科の仕事なのです。

幼児からの口腔ケア

小児歯科の治療中の写真

乳歯が生えはじめたら、その歯を虫歯にしてしまわないようにすることが大切です。虫歯の原因の一つであるミュータンス菌は、親や周囲の人の唾液などを介して感染するといわれ、子どもの頃に大量のミュータンス菌に感染すると、大人になっても虫歯に悩まされることになります。
そのため、歯科医院で専門的なクリーニングや、虫歯予防に有効なフッ素の塗布を定期的に行うことも重要です。
また歯のかみ合わせは全身の健康と密接な関係があり、乳歯の歯並びが永久歯の歯並びにも影響することなどから、乳歯の段階から歯列矯正を行っている歯科医院もあります。
お子さんの歯並びが気になったら、当院に一度ご相談下さい。
小児歯科専門医は、将来起こりうるであろう歯のトラブルを予想しながらそれらを未然に防ぎ、お子さんの成長に合わせて歯の健康管理のため最適な処置を行ってくれる強い味方なのです。

定期健診

カレンダーの写真

定期的に歯医者さんに通うことによって、お子さんも歯医者さんになれていきます。
また、虫歯予防の観点からも、定期的にフッ素を塗布し、検診し、シーラントなどの予防処置を施すことが有効です。
肉眼では見えない部分に虫歯があったり、骨の中で異常が起きていたり、永久歯が足らなかったり、 生えてこなかったり、定期的にレントゲンで確認することも必要です。
お子さんには続けて通っていると怖がらずにできますが、中断すると不思議に恐怖心が沸くようです。
継続して受診しましょう。

診療時間

09:00〜
13:00
×
14:30〜
22:00
×
休診日
日・祝日
24時間受付中 ネット予約はこちら

当院からのお知らせ

2018年02月09日

☆究極の先に見えるCT機械導入☆

詳しく見る
PageTop