インプラント

インプラントとは

医療機器の写真

インプラントとは、虫歯や歯肉の病気、あるいは怪我などのアクシデントによって、失われてしまった天然の歯を、補うための治療方法のひとつです。
歯の失われてしまった部分の顎の骨に、外科手術によって人工歯根(ねっこ)を埋め込み、それを土台として、上に人工の歯を取り付けます。
骨と完全に結合したインプラント体の上に取り付けられた歯は、入れ歯やブリッジとは違ってその歯自体が顎の骨にしっかりと固定されているので、周りの歯に負担をかけることはなく、天然の歯に近い噛む力と耐久性、審美性を得ることが出来ます。
インプラントの素材であるチタンは生体親和性が高く、顎の骨と完全に結合する上に金属アレルギーを起こさない安全な素材として知られています。
また、インプラントは定期的なメンテナンスさえ怠らなければ半永久的に使えるため「第2の永久歯」とも呼ばれているのです。

インプラント治療の利点

人口の歯 歯肉 あごの骨 インプラント
  • 入れ歯とは違い人工歯自体が顎の骨にしっかりと固定するので、周りの歯に負担がかかりません。
  • 自分の歯に近い外観、機能が可能。
  • 天然歯とほぼ同等の強い力で噛むことができ、入れ歯のような違和感がない。
  • 治療期間は短期間で終わることが多い。
  • 発音が安定し、しゃべりやすくなります。

インプラント治療の流れ

1. 検査と治療計画

歯がなくなってしまいました。

失われた歯の数、インプラントを埋め込む歯の硬さ、大きさ、位置により、治療にはさまざまな選択肢があります。
歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者様に無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。

2. 一次手術・治療期間

骨にフィクスチャーという支柱を埋め込みます。

あごの骨にインプラントを埋め込みます。
一次手術後、3~6ヵ月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合します。

3. 二次手術

支柱にアバットメントという支台を接続します。

歯茎を開いて人工の歯を取りつける準備をします。
この状態で歯茎が治るまで1~6週間おきます。

4. 人工の歯を作成・装着

支台に人口歯をしっかり固定します。

歯茎が治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。形や色などは患者様に合わせて作成し、インプラントに取り付けます。
メンテナンスと定期健診、インプラントで治療した部分に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。
ブラッシングの方法などについて適切な指導を受け、また半年に1回程度の定期健診を受けて、インプラントや人工の歯の状態、かみ合わせを確認します。

こんな方にオススメ

  • 入れ歯を使ってみたが、十分に満足できない方
  • ブリッジや入れ歯を入れるために、健全な歯を削る必要がある方
  • 歯列にスキ間があるため、自然な形のブリッジができない方
  • すでに入っている大きなブリッジを全部やり直す必要性が生じた方

診療時間

09:00〜
13:00
×
14:30〜
22:00
×
休診日
日・祝日
24時間受付中 ネット予約はこちら

当院からのお知らせ

2018年02月09日

☆究極の先に見えるCT機械導入☆

詳しく見る
PageTop